低体重児だった息子の体と頭脳の成長〜子育ては「待つ」ことが大事だと思った話

子育てのこと
スポンサーリンク

今日は一気に冬の寒さでした。

そんな日は洗濯物も
乾いたんだか湿ってるんだか…
なので室内に取り込んで明日の朝畳むんですけど
そうすると朝が忙しいんですよね。

友達は夜洗濯して室内に干し
朝外に出してスッキリ乾くと言ってて
それもいい案だとは思ったんですけど

夜お風呂に入ったらもう
主婦も営業終了したいもので(^_^;)

さて今日は、低体重児だった息子の話です。

彼は40週お腹にいたのに
2000gありませんでした。
原因は不明だそうです。
胎盤もだいぶぼろぼろ?だったので
あれ以上お腹にいたとしても
大きくはならなかっただろう
って先生はおっしゃってました。

ちなみに私
お酒は結婚してからは飲んでませんし
タバコも吸ったことはありません。

妊娠中も中毒症や高血圧も
大したむくみもなく、過ごしてきました。

困ったことは
軽いつわりがダラダラと産むまで続いたことと
後半は
やたら張りやすかったことくらいでしょうか。

でも周囲は慰めてるんだか責めてるんだか
よくわからない発言を私に浴びせてきました。

やっぱり外野の言葉は刺さりますね。

二人目が出来た時
大学病院の先生はその話を聞いて
「まあ、そんなこともありますよ
たまたまだったんですよ。
原因なんて
わからなくてもいいんですよ。」

えー…あの時あんなに悩んだのに…
かるーくそう言われて
ホッとするやら情けないやら…

そんな息子はずーっと
成長曲線を下にはみ出して小さかったです。
いつも一番前に並んでました。
運動会では撮影しやすいいいポジション!

当時は組体操もあって、上に乗れる役!

みんなに可愛がられるし
特に世話好きな女子や上級生女子には
ある意味で人気者でした^^;

モテ期早すぎ。

彼のモテ期はこの時終了したんですね
_| ̄|○ il||li

そして周りは必ずと言っていいほど
こう励ましてくれます。

大丈夫だよ〜
中学に行ったらグッと伸びるって!
男の子だもん!

でも伸びませんでしたね( ;  ; )

相変わらず細くて小さくて。

大きくなるから!
と先生に言われて中1で買ったLサイズの柔道着
こんなことならSでよかったよ、先生( ;  ; )

制服も大き目を買って詰めて着ていたのですが
結局高校入試の面接直前に
ズボンの丈を少し下ろしたのみでした。

そんなだったので高校の制服を買うときは
悩みました。

高校生であんまりダボっと大き目着てる子は
いないですよね。
お店の方も苦笑い…

でも、もう伸びないことはない、と願いたい。

その時点で160に全然届かなかったのですが
165サイズの制服を詰めてもらって買いました。

もう高校生。
このまま伸びずに細くて小さいままなのかなーと
ちょっと可哀想になったことも…

そんな息子ですが
高校三年間でやっと、やっと!
私の身長を抜き
あと少しで170に届こうというところまで
伸びました!

よく頑張って大きくなった( ;  ; )

彼が伸び悩んだのは実は身長だけでなく
勉強も運動もでした。

どちらもとりわけ落ちこぼれ
というわけではないのですが
だいたい中か中の下。
強いて言えば生物系が好きなくらいかな。

それがどういうわけか高校に入り
突然走るのが早くなったり
国語がグッと伸びたり……

まぁそれだけですが(・_・;

いやいやでも
彼にも得意なことが出来てきたんですよ。
それは本当に驚きました。

だからといって
彼の進学には全く活かせそうにないところが
また悲しいところ( ;  ; )

でも。

子どもって
ちゃんと成長するんだなーってしみじみ思いました。
できるようになる時が来ればできるんですよね。

それまでは体と頭が
まだ準備段階なんじゃないかな。

その準備が整ったらきっと、
グッと伸びてくるんだと思うんです。

準備期間だった中学生の息子に
早く走れ!勉強しろ!
と言っても
頭も体もついてこなかったのでしょうね…
母反省。

子供は勝手に育つ。
子育ては「待つ」ことが大事。

以前何かで読んだ本に書いてあったこと。

私の好きな歌の歌詞

「誰かが決めたレールの上をうまく歩けなくても  
自分で決めた凸凹の道で迷えばいいのさ」

今からでも遅くない!

息子には自分でこの先の人生を決めさせるぞ!

手始めは大学受験。

ケータイで楽しそうに音ゲーしてるし
10時には寝る受験生…
でも母は見守っているよ!

お口をミッフィーにして…

コメント