大人の話してることを子どもはわかってるし傷付いている。

子育てのこと
スポンサーリンク

上の子がまだ
2歳くらいのことだったと思います。

夫の長期休みには私の実家と
その途中にある夫の実家に車で帰省しています。
渋滞がなくても10〜12時間はかかる距離。

ある時、実家から我が家に着いて
息子を抱っこして車を降りるタイミングで
私は腰に違和感を感じました。
あれ?と思ったのですがそのまま息子を抱いて
当時住んでいた4階の部屋まで上がりました。

その日は何事もなく寝たのですが
翌朝目が覚めて起きようとしても
起きられない( ̄◇ ̄;)
動けない…
這うようにしてやっとトイレに行きました。

夫におんぶされ、整形外科に担ぎ込まれました。
診断はぎっくり腰(T_T)
本当なら即刻入院してもらうところだけど
小さい子がいるから自宅療養にする
できるだけ安静にしてて、と言われ帰宅。

遠方から私の母に手伝いに来てもらい
1週間ほど安静に寝て過ごし
なんとか動けるようになりました。

ところが
私が元気になって甘えん坊の息子が
さぞ喜んで甘えてくるだろうと思いきや…
私を拒否し出したのです。
抱っこしようとしても、嫌。
膝に座ってもくれない。

さらに怒りっぽいし、乱暴になってるし、
なんかトゲトゲしてる。

いつもはほんわか穏やかタイプの息子なのに。
なんだか様子がおかしい…
f:id:h-shiratama07:20181220213826j:image

なんとかしなきゃ!
と思った私は色々調べまくり
ある本に出会いました。
萩原光さん、通称ぴっかりさんの
「心を抱きしめると子育てが変わる」
という本でした。

詳しい本の内容はここでは書きませんが
息子は、自分のせいで私が寝込んでしまった
そう思っていたようです。
そういえばみんな
私がぎっくり腰になったと聞くと

「抱っこすると腰にくるよね〜」
「いつも息子ちゃん抱っこしてたらね〜」

私もつい
「息子を抱っこして車降りた時に
なんか腰に違和感があって…」

そんなふうに言われたら
「自分のせいだ」と思いますよね。

息子には分かるわけない
と思って話していたことを
息子はちゃんと聞いていたんです( ; ; )

ぴっかりさんの本を読んで
それに気づいた私は息子に
お母さんが動けなくなったのは
あなたのせいじゃないよ
あなたのせいみたいに話をしてしまってごめんね
あなたは悪くないよ
お母さんは元気になったから前みたいに抱っこさせて欲しいし
甘えて欲しいと思ってる、と伝えました。

そうしたら息子
最初はグズグズ怒って嫌がってましたが
最後には泣きながら私に抱きついてきました。
私も泣いてしまいました。
本当にごめんねって、なんども謝りました。

それからは
元の甘えん坊の息子に戻ってくれました。
f:id:h-shiratama07:20181220213841j:image

今でも子どものことで夫と意見が食い違ったり
夫の子どもに対する態度が許せないとき
つい子どもに聞こえるところで
言い合いをしてしまうことがあり
あとですごーく反省します。

きっと自分のことで
お父さんとお母さんが喧嘩をしているなんて
子どもにとってはいたたまれないし
自分のせいだ、自分が悪かった
と傷付いてるはずですよね( ; ; )
内容がよく分からないからこそ
余計自分のせいだと思い込みやすい。

気をつけなくてはと
今日も娘のいるとこで
夫の態度に文句を言ってしまって
あとでハッとした私でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. naomi1010 より:

    こんばんは(^_^)小さくても、ちゃんと理解していますね。子どもの目はごまかせません。息子がまだ幼稚園の時「僕は母さんを守るから」と言われました。ドキッとしました。私は、子どもの前ではいつも笑っていると思っていましたが、私が辛い事があったことを見抜かれてました。子どもは、いつでも、見ていますね。

  2. h-shiratama07 より:

    naomi1010さん、コメントありがとうございます。初めていただいたコメントで感動しました( ; ; )本当に、子供ってよく見てるしよく聞いてるし、よく気づいてわかってますよね。息子さんも幼稚園児にしてその包容力!素敵です。姿勢を正すとともに親も同様に子供をよく見て聞いてあげればいいんだなって、逆に教えられますね^^;